お知らせ 【重要なお知らせ】iOSアプリの運用および提供を2024年6月3日(月)を以て終了いたします。詳細は お知らせをご覧ください。

お知らせ connpassではさらなる価値のあるデータを提供するため、イベントサーチAPIの提供方法の見直しを決定しました。2024年5月23日(木)より 「企業・法人」「コミュニティ及び個人」向けの2プランを提供開始いたします。ご利用にあたっては利用申請及び審査がございます。詳細はヘルプページをご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

May

14

Javaコードを生成AIを使って読み、活用方法を和田卓人氏とGitHub服部佑樹氏と語ろう-形式①

Organizing : 名古屋大学 大学院情報学研究科 森崎研究室

Javaコードを生成AIを使って読み、活用方法を和田卓人氏とGitHub服部佑樹氏と語ろう-形式①
Registration info

第1部(5/14のオンラインイベントに参加して読解)

Free

FCFS
18/35

Attendees
myumd
kfae
kawaguti
Ryo Tagami
Tommy109
bayashi
yatashinnosuke
js4000all
znt
tom10moppet
View Attendee List
Start Date
2024/05/14(Tue) 19:00 ~ 20:30
Registration Period

2024/05/05(Sun) 12:00 〜
2024/05/14(Tue) 13:00まで

Location

Zoom

オンライン

Venue Homepage
参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)
出席登録
(イベント開始時間の2時間前から終了時間まで、参加者のみに公開されます)

Description

本イベントと同一名称のイベントの日程A, B, C, Dで読解された方は参加いただく必要はありません。

本イベントは2部構成です。第1部で生成AIを使ってソースコードを読みます。第2部で、第1部の読解結果を集計、分析した結果をもとに和田氏、服部氏をまじえて話し合います。和田氏はプログラミングやソフトウェア開発に造詣が深く、生成AIの利活用全般についてコメントいただきます。服部氏はGitHub社員としてGitHub Copilot(生成AI)の導入推進をしており、生成AIの機能や特徴に関してコメントいただきます。

コードを読んでいただいた結果は個人を特定できない形式で論文、ブログ、カンファレンスでの発表、メディア、記事等として公開します。論文としてはコード読解実験という位置づけとなります。

第2部(2日目)のオンラインイベント「コード読解での生成AIの活用方法について和田卓人氏と服部佑樹氏と語る」の参加には第1部の結果送付が必須です。

第1部: 生成AIを使用したJavaソースコードの読解

2つの参加形式があり、どちらかを選んでいただきます。本参加登録ページは形式①の参加登録ページです。読んでいただくコードは事前にメールでお送りします。
- 形式①(本参加登録ページ) 実施日時固定でオンラインでの説明後にコードを読んでいただく(5/14 19:00~20:45(予定) Zoomミーティング)
- 形式② 期間中のどこかの時間でコードを読んでいただく(5/11 ~ 5/20 13時まで)

主催者が準備する400行程度のJavaソースコードを生成AIを使用しながら読解して、それに関する質問とアンケートに回答いただきます。所要時間は1時間45分程度を想定しています。

第2部: コード読解での生成AIの活用方法について和田卓人氏と服部佑樹氏と語る(5/22(水) 19:00~ オンライン)

第1部の協力者の方からいただいた内容の分析、集計結果を紹介し、和田卓人氏、部佑樹氏、ご参加者とソフトウェア開発における生成AI活用について議論します。 第2部参加用のURLは第1部の結果を当方で確認できた方にお送りします。

ご参加者のスキルに関する想定

以下のスキルをお持ちであることを想定しています。
- Javaの基礎的な言語仕様を理解し、Javaを使った開発経験があること。
- 送信、受信といったネットワークの基礎を理解していること(特定のクラスライブラリの理解は前提としていません)。
- 生成AIを使用できる環境があり、コード読解において何度か使ったことがあること。使ったことがなくても使い方(プロンプト等)が分かれば問題ありません。また、使用される生成AIの種類は問いません。

送付いただく結果の利用用途

個人を特定できない形式とし、統計情報や実データを論文、ブログ、カンファレンスでの発表、メディア、記事等の形式で公開します。

参加のために必要な作業

第1部 1-1. 協力者としてエントリー(5/14(火) 13:00まで): 本ページのアンケートではデザインパターンの知識、連絡先、開発経験などをうかがいます。(研究の設定上、ご参加者をグループに分ける必要があり、グループ分けに使います。) 1-2 2. 生成AIを使用した400行程度のJavaソースコードの読解 (5/14(火) 19:00~ にZoomオンライン会議に参加して読解) 1-3. ソースコード読解の結果を送付: ソースコードに関する質問とアンケートを送付いただく。 第2部 2-1. 5/22(水)のイベント用URLの受取り: 1-3で提出いただいた内容を確認できた方に、イベント用URLを送付します。URLは5/20(月)までにお送りします。 2-2. 5/22(水)のイベントに参加

ご注意点

  1. 第2部のオンラインイベント(5/22 19:00~)の予定確保をお願いいたします。
  2. 第1部のイベント(5/14 19:00~)も予定を確保ください。
  3. コード読解の際に使用していただく生成AIはご自身で用意いただきますようお願いいたします。無料版を使用される場合は利用制限等にお気をつけください。
  4. 第2部の参加用URLは第1部の結果を送付いただき、主催者が妥当と判断した方にお送りします。
  5. 送付いただいたJavaソースコード読解の結果、第2部のディスカッションの内容は個人を特定できない形式にして、論文、ブログ、カンファレンスでの発表、メディア、記事等で公開します。また、個人を特定できない形式として、公開したり第三者に提供する場合があります。
  6. コード読解の際、生成AIに入力したプロンプトの内容をご説明いただく予定です。プロンプトの内容についても、3と同様に個人を特定できない形式にして、論文、ブログ、カンファレンスでの発表等で公開する可能性があります。
  7. 対象のJavaソースコードの著作権は他の研究者が保持しており、転載や二次利用できません。
  8. 日程A, B, C, Dで読解された方は参加いただく必要はありません。

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

smorisaki

smorisaki published Javaコードを生成AIを使って読み、活用方法を和田卓人氏とGitHub服部佑樹氏と語ろう-形式①.

05/03/2024 13:12

Javaコードを生成AIを使って読み、活用方法を和田卓人氏とGitHub服部佑樹氏と語ろう-形式① を公開しました!

Ended

2024/05/14(Tue)

19:00
20:30

Registration Period
2024/05/05(Sun) 12:00 〜
2024/05/14(Tue) 13:00

Location

Zoom

オンライン

Zoom

Organizer

Attendees(18)

myumd

myumd

Javaコードを生成AIを使って読み、活用方法を和田卓人氏とGitHub服部佑樹氏と語ろう-形式① に参加を申し込みました!

kfae

kfae

Javaコードを生成AIを使って読み、活用方法を和田卓人氏とGitHub服部佑樹氏と語ろう-形式① に参加を申し込みました!

kawaguti

kawaguti

I joined Javaコードを生成AIを使って読み、活用方法を和田卓人氏とGitHub服部佑樹氏と語ろう-形式①!

Ryo Tagami

Ryo Tagami

I joined Javaコードを生成AIを使って読み、活用方法を和田卓人氏とGitHub服部佑樹氏と語ろう-形式①!

Tommy109

Tommy109

Javaコードを生成AIを使って読み、活用方法を和田卓人氏とGitHub服部佑樹氏と語ろう-形式① に参加を申し込みました!

bayashi

bayashi

Javaコードを生成AIを使って読み、活用方法を和田卓人氏とGitHub服部佑樹氏と語ろう-形式① に参加を申し込みました!

yatashinnosuke

yatashinnosuke

Javaコードを生成AIを使って読み、活用方法を和田卓人氏とGitHub服部佑樹氏と語ろう-形式① に参加を申し込みました!

js4000all

js4000all

Javaコードを生成AIを使って読み、活用方法を和田卓人氏とGitHub服部佑樹氏と語ろう-形式① に参加を申し込みました!

znt

znt

Javaコードを生成AIを使って読み、活用方法を和田卓人氏とGitHub服部佑樹氏と語ろう-形式① に参加を申し込みました!

tom10moppet

tom10moppet

Javaコードを生成AIを使って読み、活用方法を和田卓人氏とGitHub服部佑樹氏と語ろう-形式① に参加を申し込みました!

Attendees (18)

Canceled (6)